経理事務職への転職に有利な資格はユーキャンにあるの?

経理事務職への転職をお考えのあなたに、おすすめの資格があります。
とっても取りやすい資格ですので、そこから攻めていきましょう。

ユーキャンには、日商簿記3級と2級の講座があります。3級は3ヶ月でマスターできますよ。

経理事務職に必要な資格は簿記3級

経理の仕事は、取引を仕訳の形へと数字で表記して、帳簿へ記入することです。
帳簿への記入は、パソコンの経理ソフトへの入力ですので、実際のところは、簿記の知識がなくてもある程度はできます。

簿記の知識がなくても経理ソフトへ入力できることとは

  1. 現金出納帳への入力
  2. 預金出納帳への入力

なぜ、簿記の知識がなくても現金と預金の出納帳へ入力できるのか不思議でしょう?
これらの出納帳は、子供のときに書いていた「お小遣い帳」と同じなのです。

しかし、残念ながら入力する項目は、出納帳のみではありません。
給料の仕訳や手形をもらった仕訳、請求書を発行したときの仕訳、逆に請求書を受け取ったときの仕訳には、「現金」「預金」が出てきません。
そのときに、簿記の知識が必要になってくるのです。

簿記の知識がなくても入力できる出納帳についても、簿記の知識があれば、理解が深まります。

簿記2級の資格取得は必要かな?

簿記3級に合格して、いよいよ経理の世界へ入ることができるのですが、経理の求人には、
「日商簿記2級程度」などと掲載されていることが多いんです。

本当のところは、簿記3級の知識だけで、会社の決算はできます。
これは、簿記3級しかもっていない私が言うのだから、まったくの事実です。

私は、経理の世界へ転職するために、就職情報誌を買って、経理職の募集のページを見ました。
すると、「簿記2級程度」とあるではありませんか!

妹が商業高校へ通ってましたので、簿記というものがあることは知っていましたが、
大学法学部を卒業した私は、簿記に対する興味が全くなかったので、見向きもしませんでした。

そこへ、「簿記2級程度」ですよ。ショックでした。妹だったら、簡単に経理の世界へ入って行けるんだろうな、妹の簿記を同じように勉強しておけばよかった、とつくづく思いました。

まずは、簿記3級を勉強しました。簿記は経理のルールです。
ルールなので、知らないとできません。特殊な用語も頻出します。

無事に簿記3級に合格し、簿記2級の勉強を始めました。が、居てもたってもいられず、会計事務所への就職活動を始めました。
案の定、門前払いです。書類審査に落とされることが続きました。そりゃそうですよね。会計事務所といえば、経理の専門家じゃないですか。

中には、わざわざ面接に呼びつけて、
「簿記3級しかもっていないのに、会計事務所でやっていける訳がないでしょう。」
と、言われたりもしました。正直ショックでした。

そんな中、1社だけ、私を採用してくれた会計事務所があったのです。ご夫婦で税理士資格を取得して職員が6人いる事務所でした。

「なんだ、簿記3級でも、採用してくれるじゃないか。」
と、拍子抜けしましたが、とてもうれしかったのを覚えています。

会計事務所でも、簿記3級だけで十分

簿記3級の勉強で、徹底的に簿記のルールを叩き込まれますので、実は、簿記3級だけで、会社の決算までできてしまうんです。

では、経理の求人欄に「簿記2級程度」と書かれているのはなぜでしょう?
不思議に思いませんか?

それには、以下のようなことが考えられます。

  1. 求人広告の原稿を書く人が経理職ではない
  2. 3級は簿記の最初の級なので、不足であるとの印象がある
  3. 実は、簿記3級でも未経験者は十分な働きができない

では、簿記2級取得者なら未経験でも経理をこなせるかというと、こなせませんよ。
経理職に必要なのは、「簿記3級と経験」です。

簿記2級を持っていたら、経験値は高いだろうとの採用側の思い込みですね。

経理職への転職に必要な資格のまとめ

経理職への転職に必要な資格は、簿記です。
簿記の知識がないと、経理はできません。簿記はルールです。
ルールを知ってこそ、経理の世界へ入れます。

まず、簿記3級を取得しましょう。
経理職の先輩がいる職場なら、そのまま就職が可能です。
そこで、経験をつめばいいのですから。

経理の先輩がいない職場へ転職するなら、簿記3級でも未経験者は、まずやっていけません。

経理職への転職・就職に必要な資格は、

  1. 簿記3級+経験
  2. または、簿記2級+経験

です。仮に、簿記1級に合格していても、経験がなければ、採用されることはあっても、
職場でバカにされるのがオチでしょう。

タイトルとURLをコピーしました